'."\n";?> 駐車場(パーキング)を不動産として活用したい人の為のサイト

コインパーキング・駐車場の利用法・または不動産として活用したい方へ!

TOPページ  >  駐車場について

駐車場について

駐車場とは・・

「駐車場」とは、自動車を停める場所であり、停めるべき場所として、建物の前やパーキングエリア、サービスエリアなどに設置される・・というのは説明は不要なところでしょう。なお、原動機付自転車や自転車を停める場所は一般に駐輪場と呼ぶこともありますが、法律が定められている自転車駐車場などのように、自動車以外の駐車場を指すこともあるようです。 広島なら広島 賃貸で良い駐車場が見つかるかもしれません。

日本での現状において、店舗等では利用者に対して附置義務駐車場を無料で貸す場合もあるのですが、一般には用務地に駐車場がない場合等には、別に一時的に駐車するスペースを時間貸しする場合が多いようです。また都市部においては、建物の附置義務駐車場やパーキングメータなどに加えて、違法な路上駐車を防ぐ目的で簡易な路外駐車場として増やす動きも目立ってきました。 広さ的に住宅・建物を建てるのに不向きな土地ないしは広さは十分だが用途を不確定にしている土地を駐車場に充てる場合もあるようです。こうした場合、駐車場経営について専門家ではない地主が、大手駐車場経営会社に運営を委託することが多いようです。 駐車場法によると、名称、管理者の氏名及び住所(法人には、名称・事務所の所在地代表者の氏名及び住所)、供用時間、駐車料金に関する事項などを管理規程に定め、供用開始後10日以内に都道府県知事に届け出なければならないとされています。各自治体では駐車場整備計画を連動させて、駐車場条例として運用していることもあります。 日本においては2006年(平成18年)6月1日から駐車禁止の取締りが都市部の重点路線等で強化されたので(例えば近年導入された駐車監視員・放置違反金制度など)、駐車場の需要が拡大する傾向にあります。特に、増える駐車場の形態として、コインパーキングが急成長しています。 なお、大阪府を中心とする関西一円では、民間駐車場の事を「モータープール」と呼ぶことがあるそうです。

様々な形態

駐車場にも様々な形態があります。それは、土地の広さや、そうした不動産を持っている方の考え方によっても、同じような土地にも、色々な形態・種類の駐車場が生まれることになったのです。

平面駐車場 通称を「平駐」ともいいます。郊外の一般駐車場の場合はこの駐車場のタイプが多いです。様々な種類の駐車場・各種パーキングと比べてみても、ある意味では一番単純な駐車場であり、自動車の区画のみを区切ることで駐車スペースとしている場合が多い、シンプルな形態の駐車場です。

立体駐車場 通称「立駐」といいます。市街地や郊外の大規模ショッピングセンターの場合はこの駐車場のタイプが多く、また、ビルディング・マンションなどで地下・屋上に駐車場を設ける場合でもこう表現する場合もあります。開いている土地の少ない場所はこのような立体型にすることで、土地の広さの数倍の自動車が注射できるというメリットもあるのですが、建物の構造から来る高さの制限があるのが短所の一つ。ただし、おおむね2m〜2.5m程度と比較的高さが高く設定されています。

自走式 平面駐車場の車両制限は無い場合が多いのですが、自走式立体駐車場の多くは取り分け大規模なものを除いて平均1790mmの高さ制限を設けています。その制限によって、最近増えている4輪駆動車などのSUVと呼ばれる種類のような比較的大きな車両だけでなく、そうでない場合でも駐車できない事があります。後述する機械式と異なる点として、高さ以外の制限は無い場合が多いようです。

機械式 タワー式、2段・多段式、地下式の駐車場などがあります。タワー式の場合は「タワーパーキング」の通称が一般的です。一般的に多くのタワーパーキングは自走式より厳しい高さ制限(1550mm未満が多い)と車幅制限(1850mm未満が多い)が設けられていることが多く、一部のミニバンやトールワゴン、SUVなどいわゆるハイルーフ車だけでなく、メルセデス・ベンツ Sクラスやレクサス・LSなどといった大型高級車は駐車できない場合が多いようです。例として1550mm制限の場合、トヨタ・カローラスパシオ(車高1610mm)でも駐車場の全高制限に接触します。2004年の国交省の調べでは首都圏、名古屋市、大阪市内に設置されたタワーパーキングの内、比較的小規模なものを除いて1550mm以上に対応できるものは全体の8%程度ほどしかなく、1900mm以上に対応可能な駐車場は全体の2%に満たず、減少傾向にあるとされています。タワーパーキングは駐車場としての土地面積が狭く限られていても、容易に営業が可能と言う利点を生かして、土地事情に厳しい駅前や都市中心部に設置される場合が多い駐車場の種類です。また構造上盗難に遭いにくい利点も備えています。そのため利用者は他の駐車場に比べて増加傾向にあるのですが、しかしながら人口過密地域であればあるほど地価も高く収容可能台数も経営に大きな影響を及ぼすことにもなってきます。なお、車高2000mm程度のハイルーフ車に対応する大型のエレベーターを設置した場合、駐車場全体の45%〜60%もの収容可能台数を犠牲にしなければならないことがあり、こうしたタワーパーキング側の事情や近年の軽自動車、小型車人気との相乗効果もあり、ハイルーフ車も収容可能な大型タワーパーキングの普及を足踏みさせる原因となっています。一般的な1550mmの収容サイズに対応できる最大の自動車にはホンダ・オデッセイ(3代目 1550mm)、三菱・eKワゴン(1550mm)などがあります。但し、オデッセイ、eKワゴン等の全高1550mm丁度の車両に関して、厳密には1550mm未満の制限を設けている一般的なタワーパーキングには駐車できません。しかしながら、こうしたタワーパーキングは全高制限以上、にある程度の余裕を設定しているため多くは利用が可能なことがあるのですが、管理会社によっては駐車を断られる場合もあるようです。またタワーパーキングはその構造上、車高を下げた国産自動車や左ハンドル車も駐車できない場合があります。

上記までは駐車場の「構造部分」における分類を示しましたが、ここからは「使用契約の期間による分類」を挙げます。

時間貸し(コインパーキング) 都市部など、建物が密集している場所に多い駐車場の形態です。

日貸し駐車場 日単位で契約します。鉄道駅や空港、バスターミナル近隣など、交通の要所に設置されていることの多い駐車場の形態です。

月極(つきぎめ) その契約方法に、不動産賃貸契約と同じ手法が取られるケースが多いようです。基本的に1箇月後も更新されることが多いです。なお、たまに聞く「げっきょく」や「つききわめ」といった読み方はは誤読です・・。

年払い 年間契約を指します。 なお、駐車場の中には長期にわたる駐車場使用契約車の使用区画と一時的使用に用いられる区画と同一敷地内に設置してある場合もあります。

定期契約 時間の流れという意味があり、いろいろな契約形態が可能になり、幅広い駐車形態を生み出すことができます。。

check

全身脱毛 名古屋

最終更新日:2017/7/12