'."\n";?> コインパーキング・駐車場の大特集!:駐車場運営に関する心構え・・

コインパーキング・駐車場の利用法・または不動産として活用したい方へ!

TOPページ  >  駐車場運営に関する心構え・・

駐車場運営に関する心構え

最後に・・駐車場ビジネスに興味を持った向けに、少しは頭の片隅に入れておきたい駐車場運営に関する心構えなどを記してみたいと思います。

「あなたの不動産を活用する」とした場合の駐車場事業

コインパーキングや月極駐車場などの駐車場事業部は不動産活用の一手段であって、その土地のポテンシャルに大きく左右されます。 他の事業と駐車場事業の大きくちがう点は、「駐車場そのものに来場目的がない」という、特殊ともいえるビジネスです。駐車場の利用客は、その駐車場の周辺の飲食店や取引先や、自社などの仕事関連・または買い物をするためにお店に行きたい・・など、駐車場以外の場所へ立ち寄るために目的があって来場します。 不動産活用として店舗型ビジネスと類似点はありますが、その駐車場という事業自体に来場目的がないため、そのあたりの店舗のように「新メニューはじめました」「今月の目玉商品」「新装開店」などの告知での集客はあまり期待できるものではありません。
つまり駐車場事業は、料金以外で他店との差別化が非常に困難なビジネスでもあります。 駐車場事業を行うにはまずその土地のポテンシャルを認識し最大限に生かすことが大切でしょう。設備の選択ミスや配置ミスや運営方式の選択ミスなど、設置者にとっては意外な理由で、その駐車場のポテンシャルの低下を招くことがあります。

事業主にはそれぞれたくさんの事情があるはず

あなたがもし、駐車場事業を始めるならば、その上で大切なことは、他の事業でも同じことが言えますが、目的が何であるのか?何が最優先なのかを決めその目的に沿って事業を計画しなければなりません。 駐車場となるそれぞれの土地はそれぞれ特色があり千差万別です。それと同様に事業主の考えや事情も全く違います。それらに合致する事業計画を立てなければなりません。 収益なのか相続なのか一時的な有効活用なのか・・などです。 また、大切なのは開業後の駐車場運営です。事業主の考え方や事情にあった運営方法があります。もちろん開業までの計画も大切ですが、運営方法や収支などは細かく決めてから計画を実行し始めることでしょう。イメージが掴めるまでは計画を進めない方が無難かもしれません。計画は数ヶ月や数年でできますが、運営は数年から数十年スパンでの活動となることが多いと思います。

駐車場事業は「サービス業」です

バブル期までの駐車場は管理人が寝てても儲かる、待ってれば何もしなくてもお客はやってくる・・と言われてきたビジネスでしたが、今はそのような駐車場は立地が最高なロケーションでない限り、次々と淘汰されていっています。 バブル期とはもはや状況が違う・・そういったことに気がつかない駐車場経営者の方はバブル期のやり方を引きずりながら営業をしていこうとしますが、このような有人管理駐車場はサービスを怠り、利用者から敬遠されており、利用者が離れていく事態となっています。 その敬遠した利用者たちは、新しくできたコインパーキングなどの無人管理駐車場の常連客となり、無人管理型の駐車場の収益を著しく伸ばしました。 あるアンケートによると、有人管理駐車場は配置する管理員の教育レベルによって、利用客を常連客へと変えるか失うかが決定付けられるとされています。

駐車場機器選択は二の次?

初めて駐車場経営を意識する方の多くは、駐車場機器どころか駐車場事業を知らない方が多いように思います。よって、駐車場機器メーカーやその販売店の営業の言うことは全て正しく聞こえるはずです。もちろん正しいのでしょうし、間違いだらけで騙そうとする業者はほとんどいません。ですが、彼らの目的は自社の商品を販売することが最大の目的であって、駐車場事業を成功させることが目的ではなくそれは二次的なものです。 駐車需要に関係なく建物を建ぺい率いっぱいに建てようとする業者が後を絶たないのを見れば解り易いと思います。 また逆に駐車場事業者からみた目的はといえば、収益であったり相続であったりで、駐車場機器を購入することは手段でしかないはずです。 初めて駐車場事業をされる方が駐車場機器を選択する場合は大抵、金額や機器メーカーの信用度合いなどのブランド力、銀行や取引先の紹介などで、性能を見るユーザーは少ないと見てよいでしょう。 あなたは運営に重きを置くのですから、駐車場経営の経験の少ない相手(メーカーなど)は一度排除し、まずは管理会社を仮に選定し管理会社から情報を引き出したうえで、アドバイスを参考に機器を選択する方が合理的かもしれません・。

recommend


社宅管理代行



Last update:2019/3/20

駐車場運営に関する心構え・・その2のページへ