'."\n";?> コインパーキング・駐車場の大特集!:コインパーキング開設のメリット・デメリット

コインパーキング・駐車場の利用法・または不動産として活用したい方へ!

TOPページ  >  コインパーキング開設のメリット・デメリット。

コインパーキング開設のメリット・デメリット。

最近、都市部を中心に広がっている、新しい駐車場形態であるコインパーキング。
安価な駐車料金でとても使い勝手が良く、また運営者にとっても狭いスペースでも営業が可能なことから、
利用者にとっても、運営者にとってもいまだに人気がある形態の駐車場でしょう。広島 賃貸でアパートなどを購入してその駐車場としても利用できますね。

そのコインパーキングでの営業に興味がある方は大勢いらっしゃることだと思います。
このページでは、新しい駐車場の形態・コインパーキングを経営してみたい方への
メリット・デメリット情報 について触れていきたいと思います。

コインパーキングを運営するメリット・デメリット

いわゆる時間貸し駐車場経営と呼ばれる種類の駐車場形態であるコインパーキングは、慢性的な駐車場不足による路上駐車や迷惑駐車、それらに起因して起こる交通渋滞などの社会問題を解決に寄与する社会貢献型の事業ともいえるでしょう。市街地・都市部の開発が各地で進み、それに伴いコインパーキング(時間貸し駐車場)需要は年々高まるばかりで、将来的にも安定した売上が予測されている、駐車場事業ではないでしょうか。

コインパーキング事業は、土地の所有者がご自身で行う場合もありますし、チェーン店方式で展開するコインパーキング業者のコインパーキング営業システムにご加入される方式もあるでしょう。

様々な展開が考えられるコインパーキング事業ですが、大まかに駐車場経営における、メリット・デメリットなどをまとめてみました。

駐車場経営のメリット:少ない初期投資

平面駐車場の場合は、初期投資ゼロでの活用も可能になります。立体駐車場の場合は構造を見てもお分かりの通り、平面駐車場よりも充実した設備が必要となるケースもありますが、それでも建物を建てる方法に比べれば、投資額は大きく抑えられるといったメリットがあります。

あなたが所有している土地や、すでに月極め駐車場を経営されている方も、単純に時間貸し駐車場機器を設置するだけですから、ビルやマンションといった本格活用までのつなぎや短期間の土地活用にも時間貸し駐車場(コインパーキング)は最適ではないでしょうか。

駐車場経営のメリット:他の用途への転用や、更地への復帰が容易

例えば、ロードサイド店舗で事業用借地権契約を結んだ場合であったり、アパート・マンションなどで借家権契約を結んだ場合、「借地借家法」により、他の用途への転用は困難になることもあります。

しかし駐車場は「借地借家法の適用対象外」ですので、事前の通告のみで、利用者を立ち退かせることが可能です。したがって、売却やマンション建設、相続税における物納など、駐車場以外の他の活用法への転換も簡単にできます。逆に言えば、駐車場として使うことによって、多様な選択肢を残したまま、収入を得ることができるメリットがあります。

駐車場経営のメリット:来客用駐車場の運営・管理のの効率化

これは企業などでの事例になると思います。

例えば、都市部の銀行などの来客用駐車場があります。 毎日ひっきりなしにお客様が車などで来店しますが、
その駐車場でも、様々なトラブルが発生します。駐車場内での東南や事故などが起こった際の処理・店舗を利用しない不正駐車に対する取締りのチェック・駐車場内の清掃や機器類の管理などなど・・・
これらの駐車場に関する手間が通常業務に影響してくるとも限りませんし、場合によっては大きなロスに繋がることもあるかもしれません。

そこで、こうした来客用の駐車場をコインパーキング化させてしまうと、そうした管理や運営などはコインパーキングの業者が主体になって行うので、業務に支障をきたす事がぐっと減ります。また、店舗利用者には駐車無料券を配ることで、従来の来客用駐車場としての機能は残しつつ、それ以外の利用者からは駐車料金を徴収することができるので、駐車場の運営コストが軽減できるというメリットがあります。

駐車場経営のデメリット:税制上でのメリットが薄い

逆に駐車場は、「建物」として認められない分、税制上の優遇措置などを受けることができにくいデメリットもあります。

例えば「固定資産税は更地評価」となってしまう点。
駐車場はアパート・マンション用地と違い、「住宅用地」とは認められません。ですので、固定資産税や都市計画税の軽減を受けることができません。例えば東京都の場合、かかる税金が住宅用地のほぼ6倍となってしまいます。

また、「相続税評価も更地と同じ」という評価になってしまいます。
こうした相続税評価においても、「自用地評価」(更地と同じ評価)となってしまいます。「貸宅地」や「貸家建付地」による評価減は受けることができません。

所得税負担が大きい」という点も見逃せません。
平面駐車場の場合、減価償却費がないので。立体駐車場の場合も、「建物」と比べれば減価償却費は少ないです。「支出を伴わない必要経費」が少ないので、所得税が課税される部分もそれだけ大きくなってしまいます。

以上のように、税制面での駐車場ビジネスのメリットは少ないと言わざるを得ません。